即日発行できるクレジットカードを紹介!法人カードについても解説

FacebookTwitterLine

業務で物品の仕入れをする場合、クレジットカードがあると便利です。

仕事で使用するため、少しでも早くカードを手に入れたい方もいるのではないでしょうか。最短即日発行が可能なカードなら、申し込み当日に使える可能性があります。

限度額や還元率などのスペックを把握し、使いやすくお得なカードを選びたいですよね。そこで今回は、即日発行が可能なカードを紹介します。

即日発行できるカードを一挙紹介

三井住友カードナンバーレス(NL) セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード セゾンカードインターナショナル デジタル
カード名 三井住友カードナンバーレス(NL) セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード セゾンカードインターナショナル
年会費 無料 1,100円(税込)※前年に利用があれば無料 無料
還元率 0.5% 0.5% 0.5%
限度額 ~100万円 - -
発行スピード 最短5分 最短5分 最短即日
付帯サービス
  • ・海外旅行傷害保険(最高2,000万円)
  • ・タッチ決済対応
  • ・海外アシスタンスサービス
  • ・対象店舗やサービスの優待料金利用
  • ・ネット上での不正使用による損害の補償
  • ・手荷物宅配サービスの優待
  • ・海外用Wi-Fi・携帯電話レンタルサービスの優待
  • ・公演チケット先行予約・割引
  • ・海外アシスタンスサービス
  • ・対象店舗やサービスの優待料金利用
  • ・ネット上での不正使用による損害の補償
  • ・公演チケット先行予約・割引
  • ・タッチ決済対応

即日発行できる中でも還元率が高いカード3つを紹介

即日発行が可能なクレジットカードのうち、高還元率が魅力のカードを紹介します。ここで取り上げるのは、次の3つです。

  • 三井住友カードナンバーレス(NL)
  • セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード
  • セゾンカードインターナショナル

それぞれのカードについて、お得に使えるシーンなどの特徴を解説します。即日発行できるカードで多くのポイントを獲得したい方は、ぜひチェックしてくださいね。

三井住友カードナンバーレス(NL)

三井住友カード(NL)

総合評価表示しない
年会費 無料
還元率 0.5%
国際ブランド visamaster
電子マネー iDwaon
  • ETCカード
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • 家族カード

三井住友カードナンバーレスは、年会費が永年無料のクレジットカードです。券面にカード番号が印字されていないため、盗み見により個人情報が流出する心配がありません。カード情報は、スマホアプリ「Vpass」から確認が可能です。限度額は最大100万円に設定でき、限度額の範囲内でキャッシング枠も付帯できます。

通常のポイント還元率は0.5%ですが、対象のコンビニやマクドナルドでは2.5%にアップするのでお得です。また、タッチ決済サービス「Visaのタッチ決済」や「Mastercardコンタクトレス」で支払った場合、還元率が最大5%になります。タッチ決済は、カードを端末にかざすだけで決済できるサービスです。

さらに、スーパーやカフェなど様々な対象店舗のうち、選択した3店舗で還元率が1%になる特典があります。例えば、次の店舗が対象です。

  • ライフ
  • スーパーアークス
  • マツモトキヨシ
  • ドトールコーヒー など

ポイント優待サイト「ポイントUPモール」も利用できます。サイト経由でネットショッピングすれば還元率が2~20倍になるので、オンラインショップを利用する方におすすめです。

カード利用で貯まるVポイントは、1ポイント=1円で買い物に使えます。三井住友銀行の振込手数料への充当や、他社ポイントへの交換なども可能です。

セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード

セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード

saisonpearl_amex
総合評価表示しない
年会費 無料
2年目以降1,100円※
還元率 0.5%
国際ブランド americanexpress
電子マネー quicpayiD
  • ETCカード
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • 家族カード

※前年1回以上利用で無料

セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カードは、1円でも利用があれば翌年度の年会費が無料になります。そのため、実質は年会費永年無料で継続できるカードです。限度額は、カード会社が申込者の状況を個別に検討した上で決まります。

基本のポイント還元率は0.5%に設定されており、還元率アップや割引の優待サービスが豊富です。次のような特典が用意されています。

  • スマホ決済の利用で3%*還元(「Apple Pay」「Google Pay」「セゾンQUICPay」をQUICPay加盟店で利用した場合)*2022年7月31日(日)の利用分まで。2022年8月1日(月)~10月31日(月)は2%還元
  • 海外でのショッピング利用で1%還元
  • 海外でのショッピング利用で1%還元
  • 「セゾンカード感謝デー」には西友・リヴィン・サニーでの買い物代金が5%OFF
  • 飲食店や動画配信サービスなど様々な店舗やサービスで料金を割引

QUICPay加盟店でスマホ決済すると還元率が6倍*になるので、スマホ決済アプリにカード情報を登録するのがおすすめです。また、入会特典として、一定の条件を満たすと最大8,000円相当のポイントが付与されます。

*2022年7月31日(日)の利用分まで。2022年8月1日(月)~10月31日(月)は還元率4倍

Apple Payとは?

Appleが提供する非接触型決済サービス。Apple製端末(iPhoneやApple Watchなど)をかざすだけで決済が可能。クレジットカードを登録すれば、ショッピング時の決済がスムーズになる。

Google Payとは?

Android端末向けの非接触型決済サービス。複数のクレジットカードや電子マネーを登録できる。Suicaの設定も可能。ただし、Android 5.0以上かつNFC(近距離無線通信)に対応していなければ使えない。

セゾンQUICPayとは?

ドコモ・au・ソフトバンクのスマホで使える電子マネーサービス。スマホを端末にかざすだけで決済できる。QUICPay対応のセゾンカードに入会すれば利用可能。

QUICPayとは?

JCBが運営する非接触型決済サービス。iPhoneでもAndroid端末でも利用できる。コンビニやスーパー、デパートなど様々な店舗が加盟している。

セゾンカードインターナショナル

セゾンカードインターナショナル

セゾンカードインターナショナル デジタル
総合評価表示しない
年会費 無料
還元率 0.5%
国際ブランド visamasterjcb
電子マネー suicapasmoquicpayiD
  • ETCカード
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • 家族カード

セゾンカードインターナショナルは、年会費が永年無料のクレジットカードです。セゾンパールと同様、スマホで使えるデジタルカードが最短5分で発行されます。そのため、すぐにカード決済をしたい方におすすめです。

また、券面にカード番号や氏名などの記載がなく、情報漏洩を防げます。万が一オンライン上で不正使用があった場合は、被害額が補償されるので安心です。さらに、以下のようなポイントサービスや割引特典があります。

  • ポイント優待サイト「セゾンポイントモール」の経由でネットショッピングの還元率が最大30倍
  • 「セゾンカード感謝デー」に西友などで5%割引が適用される
  • 月額330円(税込)の「トク買」に加入すると、グルメやレジャー施設など様々な店舗やサービスを割引価格で利用できる

セゾンパールと同様、カード利用で永久不滅ポイントが貯まります。請求額への充当や商品との交換など、幅広い用途に使用可能です。有効期限がないため、ポイントが無駄になる心配はありません。

法人カードは即日発行できない

法人カードは、企業や個人事業主などが事業目的に使うためのクレジットカードです。法人カードは個人カードよりも審査に時間がかかり、当日発行はできません

それは、法人カードと個人カードでは、審査で見られるポイントが異なるためです。

個人カードでは職業や収入などの属性情報に加え、カードの申し込みや支払い履歴などの信用情報がチェックされます。それに対して、法人カードの場合は代表者個人だけでなく法人も審査対象です。

法人の審査では、事業継続年数や財務状況などを見る必要があります。つまり、個人カードよりも多くの項目を考慮しなければいけません。そのため、当日中に審査を完了させるのが難しく、発行にはある程度の日数が必要です。

法人カードと個人向けカードの違い

法人カードと個人カードには、以下のような違いがあります。

  • 限度額
  • 付帯サービス
  • 支払い方法

個人カードの限度額は、100万円以下に設定される場合が多いです。一方、法人カードは事業に伴う支出を使用目的としているため、限度額を大きく設定できます。300万円以上に決まることも少なくありません

また、法人カードには、ビジネス向けの特典が用意されています。特典内容は出張時に利用する飛行機やホテルの手配、レンタルオフィス利用など様々です。福利厚生サービスの付帯により、スポーツジムや健康診断などを安く利用できるカードもあります。

支払い方法については、個人カードならリボ払いやボーナス払いなど複数の方法で決済が可能です。しかし、法人カードは一括払いしか選択できない場合が多く、慎重に支払い計画を立てる必要があります。

法人カードの審査の流れ

法人カードの審査は、代表者個人と法人に対して行われます。

代表者個人についての審査では、信用情報が重要ポイントです。信用情報とは、ローンやクレジットカードの取引に関する個人情報を指します。信用情報は信用情報機関にて保管されており、申込者の信用度を判断するために欠かせません。

法人については、企業規模や業績・業歴などの情報をもとに審査されます。なお、法人カードでは、基本的に在籍確認は行われません。

具体的な審査基準は公開されていませんが、以下の要素は審査に落ちる原因となり得ます。

  • 決算状況が悪い(赤字決算・債務超過など)
  • 固定電話がない
  • 事業継続年数が少ない
  • 屋号がない
  • 代表者の信用情報に問題がある(返済遅延・債務整理などの履歴)

少しでも審査に通る確率を上げるには、次のポイントを押さえましょう。

  • 固定電話を持つ
  • 事業開始後1年経過してから申し込む
  • 法人口座を用意する
  • 会社の住所を持つ(事務所を借りるなどして、自宅とは別の住所を持つ)
  • 還元率が低く年会費の安いカードを選ぶ

審査が完了すると審査結果が通知され、合格であればカードが届きます。

法人カードを発行するメリット

法人カードの利用には、次のようなメリットがあります。

  • 経費を計算しやすくなる
  • キャッシュフローに余裕を持てる
  • ポイントが貯まりやすい
  • 付帯サービスを受けられる

個人カードも事業のための支出に利用できますが、利用履歴がプライベートの買い物と混ざるのがデメリットです。事業での支出のみをピックアップする作業が必要となり、手間がかかります。法人カードを導入すれば、事業支出のみの明細を確認できるので便利です。経費管理が楽になり、申告漏れの防止にも役立ちます

また、法人カードは基本的に一括払いしか選べませんが、引き落としは1~2か月後になる場合が多いです。キャッシュフローが長いため、余裕を持った支払い計画を立てやすくなります。

法人カードのポイント還元率は個人カードよりも低い傾向があり、0.5%程度が一般的です。しかし、利用額が大きくなりやすいため、ポイントを多く貯められる可能性があります。ポイントは経費支出に充てられるため、経費削減が可能です。

さらに、付帯サービスを利用すれば、更なる経費削減に繋がります。ホテルの宿泊代やオフィス用品の代金などが割引になる特典があれば、積極的に利用しましょう。

ビジネスで即日使いたいなら個人カードでも可能

仕事用のカードをすぐに使いたいという方もいるのではないでしょうか。

発行スピードを重視するなら、個人カードがおすすめです。個人カードもビジネスで使用できます。また、法人カードとは違い、一部は即日発行も可能です。

ビジネスで個人カードを使うときに見るポイント

すぐにクレジットカードを使いたいなら、即日発行できるという要素は重要です。また、業務でカードを利用するなら、次のポイントも確認しましょう。

  • 利用限度額の高さ
  • 付帯保険の充実度

ここでは、それぞれの要素を考慮した上で、おすすめのカードを紹介します。個人カードをビジネスで使いたい方は、ぜひチェックしてくださいね。

ビジネスでも使える即日発行のおすすめカード

ACマスターカード イオンカードセレクト PARCOカード(PARCOアメリカン・エキスプレス・カード) JCB一般カード エポスカード セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード JCBゴールドカード
カード名 ACマスターカード(カードローン付き) イオンカードセレクト PARCOカード(PARCOアメリカン・エキスプレス・カード) JCB一般カード エポスカード セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード JCBゴールド
年会費 無料 無料 3,300円(税込) 初年度:無料
2年目以降:1,375円(税込)
無料 3,300円(税込)
※26歳になるまで無料
初年度:無料
2年目以降:11,000円(税込)
還元率 0.25% 0.5% 0.5% 0.5% 0.5% 0.5% 0.5%
限度額 ~300万円 ~300万円 - - - - -
発行スピード 最短即日 最短即日 最短即日 最短即日 最短即日 最短即日 最短即日
付帯サービス
  • ・カードローン
  • ・アプリで使えるバーチャルカードの発行可
  • ・ショッピングセーフティ保険(年間最高50万円)
  • ・イオンワールドデスク
  • ・イオン銀行や提携銀行のATM手数料無料
  • ・国内・海外旅行傷害保険(最高3,000万円)
  • ・ショッピング安心保険(年間最高100万円)
  • ・海外アシスタンスサービス
  • ・セゾンのネットサービス「超優待」
  • ・国内・海外旅行傷害保険(最高3,000万円)
  • ・ショッピングガード保険(海外のみ最高100万円)
  • ・本人認証サービス
  • ・海外旅行傷害保険(最高500万円)
  • ・海外サポートデスク
  • ・エポスお買い物あんしんサービス(年間最高50万円)
  • ・国内・海外旅行傷害保険(最高3,000万円)
  • ・ショッピング安心保険(年間最高100万円)
  • ・海外アシスタンスサービス
  • ・手荷物宅配サービス
  • ・海外用Wi-Fi・携帯電話レンタルサービス
  • ・国内旅行傷害保険(最高5,000万円)
  • ・海外旅行傷害保険(最高1億円)
  • ・ショッピングガード保険(最高500万円)
  • ・国内・海外航空機遅延保険(最高4万円)
  • ・空港ラウンジ無料利用
  • ・ゴールド会員専用デスク
  • ・本人認証サービス

ACマスターカード(カードローン付き)

ACマスターカード

ACマスターカード
総合評価表示しない
年会費 無料
還元率
国際ブランド master
電子マネー
  • ETCカード
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • 家族カード

ACマスターカードは、消費者金融業者のアコムが発行する個人カードです。一部の自動契約機「むじんくん」にて、その場でカード発行できます。限度額が最高300万円と高いので、多額の支出を予定している方におすすめです。また、実質年率10~14.6%のカードローンも利用できます。

さらに、プラスチックカードだけでなく、バーチャルカードの発行も可能です。ポイントが還元されるシステムではなく、利用額から自動でキャッシュバックされます。そのため、ポイントを期限切れで無駄にする心配がありません。

支払い方法は自動的にリボ払いとなりますが、好きなタイミングで一括返済できます。パソコンやスマホから振込手続きできるほか、セブン銀行やアコムのATMでの入金による返済が可能です。

イオンカードセレクト

イオンカードセレクト

総合評価表示しない
年会費 無料
還元率 0.5%
国際ブランド visamasterjcb
電子マネー
  • ETCカード
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • 家族カード

イオンカードセレクトは、イオングループでの利用がお得なクレジットカードです。最高限度額が300万円と高く設定されています。

「イオンワールドデスク」は、旅行の手配や旅先の情報収集などに対応しているサービスです。航空券やホテルの予約を依頼できるため、出張の準備を楽に済ませられます。また、カードの盗難・紛失などのトラブルに関する相談も可能です。

「ショッピングセーフティ保険」では、1品5,000円以上の商品の破損・盗難などの損害が補償されます。限度額は年間50万円に設定されており、購入から180日以内の商品が対象です。

イオンやダイエーなどイオングループの対象店舗では、ポイント還元率が2倍(1%)になります。また、毎月10日は対象店舗以外でも還元率が2倍になるのでお得です。さらに、ポイント優待サイト「イオンカードポイントモール」の経由で、ネットショッピングでの還元率も上がります。

イオンシネマのチケット代金が300円割引になる特典もあるので、映画を観ることが多い方にもおすすめです。

PARCOカード(PARCOアメリカン・エキスプレス・カード)

PARCOカード(PARCOアメリカン・エキスプレス・カード)

PARCOカード(PARCOアメリカン・エキスプレス・カード)
総合評価表示しない
年会費 3,300円(税込)
還元率 0.5%
国際ブランド americanexpress
電子マネー suicapasmoquicpayiD
  • ETCカード
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • 家族カード

PARCOアメリカン・エキスプレス・カードは、2種類のポイントが貯まるカードです。具体的には、以下のポイントを獲得できます。

  • 永久不滅ポイント(1000円ごとに1ポイント(0.5%還元))
  • PARCOポイント

PARCOポイントは、全国のパルコやPARCO ONLINE STOREでのショッピングで付与されるポイントです。以下のとおり、還元率は前年の利用額に応じて変わります。

  • 10万円未満:110円ごとに2ポイント
  • 10万円以上20万円未満:110円ごとに4ポイント
  • 20万円以上50万円未満:110円ごとに5ポイント
  • 50万円以上:110円ごとに6ポイント

また、国内・海外旅行傷害保険が付帯されているため、旅先での万が一の事態に備えられます。ショッピング安心保険も付いており、商品の盗難や破損に備えられるのも魅力です。海外アシスタンスサービスでは、旅先に関する情報提供や航空券の予約などを依頼できます。海外旅行を安心して快適に楽しむために役立つサービスです。

お得な超優待特典も付帯されています。ネットショッピングでは利用額が5%OFFになり、国内旅行予約で5%のポイントが還元されるサービスです。さらに、海外でショッピング利用したときは、2倍(1%)のポイントが還元されます。

JCB一般カード

JCB一般カード

JCB一般カード
総合評価表示しない
年会費 初年度無料(オンライン入会の場合のみ)
2年目以降1,375円(税込)
還元率 0.5%
国際ブランド jcb
電子マネー quicpay
  • ETCカード
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • 家族カード

※MyJチェックに登録し、年間50万円(税込)以上のショッピング利用があれば翌年の年会費無料

キャンペーン情報

・新規入会&MyJCBアプリのログインのうえ、Amazonの利用で20%(最大12,000円)キャッシュバック(2022年6月30日まで)
・家族カード入会で最大4,000円(家族1名義につき2,000円、最大2名分の家族カードまで)(2022年9月30日まで)

JCB一般カードは、ポイント還元率がアップする特典が充実したカードです。基本の還元率は0.5%ですが、還元率がアップする特典が用意されています。

  • ポイント優待店の利用で還元率アップ(スターバックス(5%)、Amazon(1.5%)、セブンイレブン(1.5%)など多数)
  • ポイント優待サイト「Oki Doki ランド」の経由でネットショッピングでの還元率が最大20倍
  • 海外でのショッピング利用で還元率が2倍
  • 年間100万円以上の利用で翌年の還元率が50%アップ

国内・海外旅行傷害保険も付帯されており、補償額は最高3,000万円です。また、補償額が最高100万円のショッピングガード保険も付いています。ただし、海外で購入した商品のみが対象なので注意しましょう。

また、本人認証サービスを利用でき、ネット上での不正利用を防げます。ネットショッピングでカード決済することに不安のある方におすすめです。なお、次の2つの条件を満たすと、翌年の年会費が無料になります。

  • MyJチェックの登録
  • 年間合計50万円以上のショッピング利用

MyJチェックは、Web上で利用明細を確認できるサービスです。登録すると明細書が郵送されなくなり、紙の管理が必要なくなります。

エポスカード

エポスカード

エポスカード
総合評価表示しない
年会費 無料
還元率 0.5%
国際ブランド visa
電子マネー suicarakuten
  • ETCカード
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • 家族カード

エポスカードは、丸井グループが発行する個人カードです。海外旅行傷害保険が付帯されており、海外でのケガや病気の治療費などが補償されます。カードで旅費を支払わなくとも補償対象となり、補償額は最高500万円です。

「海外サポートデスク」では、旅先のレストラン予約や緊急時の対応などを受け付けています。海外旅行を安心して楽しむためにおすすめのサービスです。また、「エポスお買い物あんしんサービス」により、カードで購入した商品の盗難・破損の被害が補償されます。

ポイントサービスが充実しているのも魅力です。ネットショッピングの際に「エポスポイントUPサイト」を経由すると、還元率が2~30倍になります。さらに、国内約1万店舗の優待店の利用もお得です。例えば、以下の店舗で還元率がアップします。

  • ノジマ(還元率:2.5%)
  • 日本旅行(還元率:2.5%)
  • HIS(還元率:1.5%) など

日頃から優待店を頻繁に利用する方は、エポスカードを積極的に利用するのがおすすめです。

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード
総合評価表示しない
年会費 3,300円(税込)※
還元率 0.5%
国際ブランド americanexpress
電子マネー quicpayiD
  • ETCカード
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • 家族カード

※26歳になるまで無料

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カードは、26歳になるまで年会費がかからないカードです。国内・海外旅行傷害保険が付帯されており、補償額は最高3,000万円です。また、国内外で購入した商品が対象のショッピング安心保険も付いており、年間最高100万円まで補償されます。

手荷物宅配サービスも利用できるので、大きな荷物のある方におすすめです。 海外用Wi-Fiや携帯電話を優待料金でレンタルできるサービスも付帯されています。また、一部の対象ホテルには優待料金で宿泊が可能です。

さらに、海外アシスタンスサービスも利用できます。旅行先に関する情報提供や航空券の手配などを依頼できるサービスです。

国内でのポイント還元率は0.5%ですが、海外では2倍(1%)のポイントが還元されます。そのため、海外旅行時に積極的に利用するのがお得です。さらに、セゾンポイントモールを利用すれば、最大30倍の還元率でオンラインショッピングを利用できます。

JCBゴールド

JCBゴールドカード

JCBゴールドカード
総合評価表示しない
年会費 11,000円(税込)
還元率 0.5%
国際ブランド jcb
電子マネー quicpay
  • ETCカード
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • 家族カード

キャンペーン情報

・新規入会&MyJCBアプリのログインのうえ、Amazonの利用で20%(最大20,000円)キャッシュバック(2022年6月30日まで)
・【ゴールド・プラチナ限定】さらに条件クリアで5,000円キャッシュバック (2022年6月30日まで)

JCBゴールドは、付帯サービスが充実した個人カードです。旅行傷害保険の補償額が非常に高く、国内は最高5,000万円、海外は最高1億円まで補償されます。また、ショッピングガード保険の補償額も最高500万円と高額です。

国内・海外航空機遅延保険も付帯されており、航空機の遅延や手荷物の紛失などによる損害が最高4万円まで補償されます。さらに、国内主要空港やホノルルの国際空港にあるラウンジを無料で使えるので、空港での休憩場所として活用しましょう。

ゴールド会員専用デスクでは、カードに関する問い合わせを受け付けています。通話料はかからないので、疑問点があれば積極的に利用するのがおすすめです。

また、スターバックスやAmazonなどのポイント優待店での還元率アップも適用されます。海外でカード決済した場合、2倍(1%)のポイントが還元されるのも魅力です。ただし、11,000円(税込)の年会費がかかるので、金額に見合うメリットがあるか検討しましょう。

即日発行は無理でもビジネスで使いやすい法人カード3選

法人カードの発行にはある程度の日数が必要ですが、限度額の高さや付帯サービスの充実度が優れている傾向があります。

個人カードの限度額や特典に物足りなさを感じる方には、法人カードがおすすめです。

そこで、審査が比較的通りやすいと考えられるカードを紹介します。年会費が無料のカードも取り上げるので、ぜひ参考にしてくださいね。

ライフカードビジネスライト アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カード 三井住友カード ビジネスオーナーズ
カード名 ライフカードビジネスライト アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カード 三井住友カード ビジネスオーナーズ
年会費 無料 13,200円(税込) 無料
還元率 0.5% 0.5% 0.5%
限度額 ショッピング:10~200万円
キャッシング:~50万円
- ショッピング:~500万円*所定の審査があります
キャッシング:~50万円
発行スピード 最短4営業日 通常10日程度 最短3営業日
付帯サービス
  • ・クラウド会計ソフト「freee」との連携
  • ・無料法律相談
  • ・「タイムズカー」の会員カード発行手数料無料
  • ・海外アシスタンスサービス
  • ・国内・海外ツアー代金の割引
  • ・「Mastercardビジネス・アシスト」または「Visaビジネスオファー」
  • ・ベネフィット・ステーション
  • ・クラウド会計ソフト「freee」との連携
  • ・オンライン・プロテクション
  • ・ペイフレックス あとリボfor Business
  • ・ビジネス情報サービス「ジー・サーチ」の年会費が無料
  • ・福利厚生プログラム
  • ・国内・海外旅行傷害保険(最高5,000万円)
  • ・国内外空港ラウンジの無料利用
  • ・海外旅行傷害保険(最高2,000万円)
  • ・ビジネスサポートサービス
  • ・福利厚生代行サービス

ライフカードビジネスライト

ライフカードビジネスライト スタンダード

lifebiz
総合評価表示しない
年会費 無料
還元率 なし
国際ブランド visamasterjcb
電子マネー
  • ETCカード
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • 家族カード

ライフカードビジネスライトは年会費無料ですが、限度額が高い法人カードです。会計ソフト「freee」との連携により、利用明細から会計帳簿を自動作成できます。会計処理を楽に済ませられるよう、会計ソフトを利用するのがおすすめです。

海外アシスタンスサービスも付帯されており、海外旅行に関する情報収集やホテル予約などに便利です。旅行サービス「リロの旅デスク」では、最大8%OFFの代金でツアーを予約できます。快適かつお得に旅行するため、積極的に特典を活用しましょう。

また、国際ブランドの選択に応じて、「Mastercardビジネス・アシスト」または「Visaビジネスオファー」が付帯されます。経理アシスタントやレンタルオフィス利用など、ビジネス向けの特典が多彩です。

福利厚生サービス「ベネフィット・ステーション」も利用できます。ホテルや映画館、スポーツジムなどを優待料金で利用でき、仕事以外のシーンでも役立つサービスです。

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カード

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カード

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カード
総合評価表示しない
年会費 13,200円(税込)
還元率 0.5%
国際ブランド americanexpress
電子マネー
  • ETCカード
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • 家族カード

※初年度年会費無料

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードは、年会費がやや高いものの付帯サービスが充実している法人カードです。独自の基準で審査されることや、一律の利用限度額がなく、利用者の状況に合わせて変動するのが特徴です。

「オンライン・プロテクション」が付帯されており、ネット上で不正利用があった場合に支払いを免除されます。

法人カードでありながら、リボ払いを選択できるのも魅力です。「ペイフレックス あとリボfor Business」により、一括払いで決済した後にリボ払いに変更できます。リボ払いに変更する金額も自由に決められ、オンラインで手続きが可能です。

国内と海外の両方が対象の旅行傷害保険も付帯されています。補償額は最高5,000万円と高額なので、手厚い補償を求める方におすすめです。

さらに、国内外29空港の空港ラウンジを2人まで無料で利用できます。飛行機に乗る前やフライト後の休憩スペースとして便利です。

三井住友カード ビジネスオーナーズ

三井住友カード ビジネスオーナーズ

三井住友カード ビジネスオーナーズ
総合評価表示しない
年会費 永年無料
還元率 0.5〜1.5%※
国際ブランド visa
電子マネー
  • ETCカード
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • 家族カード

※個人カードをお持ちなら最大1.5%還元

キャンペーン情報

  • ・ビジネスオーナーズに新規入会&利用で最大8,000円相当プレゼント!

三井住友カード ビジネスオーナーズは、登記簿謄本や決算書を提出せずに申し込めます。年会費は永年無料で、限度額と審査難易度のバランスがよいカードです。

旅先でのケガや携行品損害などに対して、最高2,000万円補償される海外旅行傷害保険が付帯されています。そのため、海外出張中の万が一の事態に備えたい方におすすめです。

「ビジネスサポートサービス」では、レンタカーや引越し業者を割引料金で利用可能です。また三井住友の個人カードも所有すれば、ビジネスオーナーズ利用時に特定の加盟店でポイント還元率が最大1.5%になる特典も用意されています。

さらに、福利厚生代行サービスにより、割引料金で旅館への宿泊や人間ドックの受診などができます。

この記事のまとめ

  • ビジネスのために使う場合でも、急いでいるなら即日発行できる個人カードがおすすめ。
  • 法人カードは代表者個人だけでなく法人の審査も必要となり、審査に時間がかかるため即日発行できない。
  • 法人カードは限度額が高く、付帯サービスが充実している傾向がある。
FacebookTwitterLine